難しく考え過ぎない入学祝いのマナー

春になると入学シーズンです。
あちらこちらで真新しい制服やランドセルを背負ったお子様を見かけるようになります。
また入学前のお子様やご両親は入学できる日を心待ちにしていらっしゃるはずです。
そんなお子様の入学をお祝いする入学祝いですが、一般的に親族の方や身近なおつきあいのある方が贈ります。
入学祝いのマナーはそれ程難しいものではありません。
お祝いを贈る相手の事を考えていれば、失礼な事を起こす事もないはずです。
小学校の入学祝いと言えばランドセルが思い浮かぶ方も多いのですが、ランドセルはご両親、またはおじいちゃんやおばあちゃんがご用意される事の多い物です。
そうなると入学するにあたり必要な身の回りの物や、図書券、現金などが無難な選択となります。
中学校や高校など年齢が上がるにつれて入学祝いに相応しい物は多少変わってきます。
その為にご両親や入学を控えたご本人に希望の品物を聞いておく事も、入学祝いが他の方と重ならないようにする為にできる事です。
また現金や図書カードなら贈られた先で自由に使えますし、重なって迷惑になるという事もありません。
何を選べばわからないという方なら、このような選択肢もあるわけです。
お祝いの言葉と共に贈りたい入学祝いですが、なかなか会えないような環境にあるのなら入学祝いの品とは別に電話でお祝いの言葉を添えるという事がおすすめです。
お子様のこれまでの成長を一緒に喜ぶ気持ちは欠かせないのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です